「出品製品」メニュー  Next 

伐根解砕選別ユニット

∴ 伐根解砕選別ユニット UWR1200R

YouTube動画を見る Win-PCで動画を見る

【概 要】
造成工事・道路工事等で発生する土砂や石が絡んだ伐根・竹根をそのまま木材チッパやシュレッダで破砕すると、カッタや歯が欠けたりし機械的消耗が激しく、資源活用されずにそのまま処分場等で廃棄されていることが多い。
UWR1200Rは土砂まじりの伐根等を2軸ロールで粗破砕しロール下に配置した前後スライド式スクリーンで土砂と根を簡易選別する構造になっている。ロールの解砕歯はボルト取付式で簡単に交換、細割ロストルで破砕サイズの変更調整も出来る。
原料ホッパに投入された原料は2軸ロールと細割ロストルで解砕、スライドスクリーンで根と泥分に粗選別します。  
【特 長】
  • 2軸ロールで強力解砕(電動モータ)
  • ロール正転・逆転可能(電気による制御)
  • 解砕サイズ調整可能(細割ロストルの上下隙間調整
  • 解砕歯交換(ボルト式)
  • 水平スライド式スクリーン搭載し簡易選別可能
【用 途】
  • 竹根、中小木根の解砕、土砂選別
  • 木質系チップ、タブグラインダの前処理、一次解砕
【処理の流れ】
 
伐根解砕選別ユニット

 ∴ 伐根解砕選別ユニットUWR1200R  処理の流れ

   「出品製品」メニュー  Next
「中山鉄工所トップサイト」へ