中山鉄工所

  • 英語
会社沿革

会社沿革

明治41年(1908年)創業以来、わが社は一貫してその時代の要望に応える産業機械を開発製造してきました。ここでは、1世紀にわたり、技術力を培い、社会に貢献してきた 当社の歩みをご紹介します。

1908年 ガス発電機・精麦機の製作工場として武雄町に創業

1942年 ブレーキクラッシャを製作

1950年 二代目社長 中山安弘が事業を継承

1954年 シングルトッグルクラッシャの製作開始

1962年本社・工場を現在地に移転

1964年 株式会社に改組

1965年 日本セメント㈱香春製鋼所(現在、太平洋エンジニアリング㈱)と破砕機に関して業務提携

1968年 東京支店を開設

1968年 本社第2工場(組立工場)新設

1970年 輸出用クラッシャプラント製作開始

1971年 社団法人日本産業機械工業会に入会

1971年 優良申告法人の指定を受ける

1973年 機械器具設置工事業の建設業許可を受ける(建設大臣許可第907号)

1974年 本社第2工場及び社員厚生館増設

1980年 社団法人中小企業センター賞授賞

1981年 資本金を増資し3,600万円とする

1984年 切羽向ジャイアントジョークラッシャ開発

1987年 破砕整粒機ジャイロパクタ開発

1989年 資本金を増資し、5,400万円とする

1989年 大阪投資育成会社より出資を受け、資本金を増資し8,650万円とする

1990年 大阪支店を開設

1992年 本社ビル完成

1993年 本社第1工場増設

1993年 自走式クラッシャ製作開始

1996年 研修センター完成

1996年 三代目社長に中山弘志就任

1996年 名古屋営業所を開設

1997年 シンガポール駐在所を開設

1997年 N.C.S.Sを設立

1998年 土壌改良機製作開始

1998年 ロールクラッシャ製作開始

1999年 オランダIHC社と技術契約(2004年契約解除)

2000年 ISO9001認証取得

2003年 広島営業所を開設

2003年 仙台出張所を開設

2008年 東京メンテナンスセンターを開設

2008年 創業100周年を迎える

2008年 吸選機シリーズ製作開始

2012年 電動自走式シリーズ「Dendoman」製作開始

2013年 太陽光発電事業を開始

2014年 東京支店を日本橋から青戸に移転

会社案内

▲ページトップへ